こんにちは!愛知県北名古屋市を拠点に、木造解体、家屋解体などの解体工事を行っております株式会社アイラです。
解体工事は、倒壊などの事故の危険も多くなり、さまざまな点で気をつけなければなりません。
木造や軽量鉄骨、鉄筋コンクリートといった建物の材質によって気をつけるべきポイントは違いますが、今回は鉄骨造の建物を解体する際の注意点をご紹介したいと思います。

吹きつけアスベストがあるかどうか


最も重要なのは、吹きつけアスベストがあるか、ということです。
吹きつけアスベストという言葉を知っている人は、あまり多くないと思います。
簡単にいえば、人体に有害な物質です。
このアスベストは石綿ともいわれ、かつては鉄骨を覆う耐火材として、必要不可欠の建材でした。
ですがその後、人体への有害性が発覚し、以降の建物には利用されなくなったのです。
アスベストの細かい「粉塵」を吸うと、さまざまな病気を発症する恐れがあります。
つまり吹きつけアスベストが利用されている建物を解体する際には、アスベストの粉塵が舞う、危険な状態になることが予想されるのです。
新しい建物にアスベストが利用されることはなくなりましたが、アスベストが利用されていた建物は数多く残っています。
解体工事を行う際には、アスベストの有無の確認が重要なのです。

杭の有無

杭の有無も、鉄骨造の解体工事を行う際に注意しなければいけないポイントです。
先ほどのアスベストと違って、何か有害なものがあるわけではありません。
杭というのは、建物の基礎をつくる際に打ち込むもので、さまざまな建物を建築する際に必要となるものです。
鉄骨造の建物を解体後、別の建物を建てるとなった場合、杭の撤去は必要ない場合があります。
そのようなことから、解体後のことも含めて計画を立てることが必要なのです。

アイラへご相談ください!


弊社では、新規受注を承っております。
解体工事は、ただ壊すだけではなく、計画性のある丁寧な作業が必要となる工事です。
弊社では、数多くの現場経験を積んだスタッフによって、丁寧で無駄のない工事を行っております。
まずはお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


愛知県の解体や外壁塗装などは北名古屋市の(株)アイラ
ただいま、業務拡大中につき新規スタッフを求人中です!
〒〒481-0041 愛知県北名古屋市九之坪笹塚100-1
TEL:0568-68-7793 FAX:0568-68-7794
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする

弊社業務に関するご相談・ご依頼等は
0568-68-7793 までお願いいたします。