こんにちは!北名古屋市で解体業者として事業を展開している株式会社アイラです!
弊社は、名古屋市を中心に解体工事を手掛けております。
解体工事では、建物の構造に合わせてさまざまな工法が用いられるのをご存じでしょうか。
木造・鉄筋コンクリート・鉄骨造など、建物の構造の違いはもちろん、立地や周辺環境によっても工法を工夫する必要があるため、解体業者の臨機応変な判断が必要となります。
今回は、そのような解体工事でよく用いられる工法について詳しくご紹介いたします。
解体工事をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください!

機械解体

機械解体工事は、主に鉄骨やコンクリート造の建物に施工されます。
油圧ショベルと呼ばれるショベルカーや、重機の先端に付け替えて使用できるブレーカー、カッターなどのアタッチメントが使用されます。
建物が建つ土地や道幅によって、導入する重機の大きさは変えられますが、大規模工事の場合は大型ショベルが用いられることがほとんどです。
全体の取り壊しはショベルで行いますが、より強固なアスファルトやコンクリートでできた基礎部分については、アタッチメントと併用して解体を進めていきます。
なお、アタッチメントのカッターは、切断に用いられることが多く、コンクリート造や鉄骨造の破碎作業で活躍します。

手壊し解体

手壊し解体は木造建築物に用いられ、手作業解体もしくは人力解体と呼ばれることもあります。
天井や壁など手で剥がして撤去できる部分は手作業で行い、その他バールやドライバーといった工具を用いて、丁寧に解体を進めていくのが一般的です。
工事で排出される廃棄物の分別や運搬も手作業で行われます。
重機解体よりも手間や時間がかかる場合もありますが、重機が進入できない立地や、老朽化の進んだ木造建築物には手壊し解体が向いています。
また、重機を使用するよりも騒音・振動が少ないメリットもあるため、未だにニーズの高い工法です。

アイラへご相談ください!

アイラでは重機解体から手壊し解体まで、幅広い工法の知識を持ち合わせており、建物や周辺環境により柔軟に対応することが可能です。
事前に現地調査を行い、建物に合った施工計画を立てていきますのでご安心ください。
工事に関するご相談だけでも、無料で承っております。
解体工事を検討しているものの、どのように行うのか気になる方や、少しでもご不安がある方は気兼ねなくご相談ください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


愛知県の解体や外壁塗装などは北名古屋市の株式会社アイラ
ただいま、業務拡大中につき新規スタッフを求人中です!
〒〒481-0041 愛知県北名古屋市九之坪笹塚100-1
TEL:0568-68-7793 FAX:0568-68-7794
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする